業界情報

2020/01/09(木)

セラピストに聞いてみた!お客さんにこんな話をされるのは嫌だ

セラピストに聞いてみた!お客さんにこんな話をされるのは嫌だ

今回は、「セラピストに聞いてみた!」シリーズ。
テーマは「セラピストがされたくない話」です。

メンズエステでは、サービス中やサービス後にセラピストとお喋りする時間があります。
お店が腕によりをかけて選び抜いたハイレベルなルックスの女の子と言葉を交わし、心癒されるひとときを過ごせるわけです……が、ここでの話題選びには注意する必要があります。

話の内容によっては、セラピストが気分を害してしまうことがあります。彼女の笑顔がこわばり、態度がギクシャクして、その場に居心地の悪い空気が流れる……ということになってしまいます。
結果的に、せっかくのリラクゼーションタイムなのに十分に楽しめないまま終了となってしまうかもしれません。

そのようなことにならないよう、ここでは実際にセラピストに聞いてみた「お客さんにされたら嫌な話」をまとめてみました。

この記事の目次

  1. 「個人情報の質問攻めはイヤ!」
  2. 「“お金の話”はしたくない!」
  3. 「“お説教おじさん”はイヤ!」
  4. まとめ

「個人情報の質問攻めはイヤ!」

「個人情報の質問攻めはイヤ!」

「嫌な話」の中でも、最も挙げられることが多いのがこちらです。

たとえば、ヌキなしのメンズエステで働くセラピストAさんからは、こんなお話を伺いました。

「なんか、やたらと本名とか住んでいるところとか聞いてくる方がいるのは、正直に言って嫌ですね。『私の名前を知ってどうするつもり?あとでネットで検索したりするんじゃないの?』とか思って不安になります」

もちろん、他意も悪意もなく世間話のつもりで聞いている方もいるでしょう。
しかし、メンズエステの業界には周囲に内緒で働いている女性が少なくないこと、だからこそプライベートに踏み込んだ質問はしないことを心がけておきたいところです。

また、風俗エステにお勤めのセラピストBさんからは、こんなお話も聞くことができました。

「まだ仕事を始めたばかりの頃に、お客さんに最寄り駅はどこかしつこく聞かれたのでついつい答えてしまったことがあったんです。
その日はそれでよかったんですが、また指名してもらったときに『昨日は電車でどこ行ってたの?』って聞かれてびっくりしました。
確かにその前日、電車に乗って買い物に出かけていたんですけど……。
何で電車に乗ったことがわかったのか詳しく聞くと、私のことが気になって駅の周りをウロウロしていたんだって。
すごく怖くなって、プレイが終わったあとでお店に言ってNGにしてもらいました。
そんな経験があってから、個人情報をいろいろ聞かれるのがすごく嫌になりました」

いかがでしょうか……ゾッとする話ですね。
実際のところ、男女が2人きりで過ごす風俗やメンズエステの世界では、一歩間違えればストーカー事案に発展するようなことが起こりがちです。
接客しただけの男性に付きまとわれるなど、女性からしてみれば迷惑千万な話。
多くのセラピストは、このような「ストーカー予備軍」に警戒しています。
余計な警戒心を呼び起こして空気を悪くしてしまわないためにも、きちんと話題を選びましょう。

「“お金の話”はしたくない!」

こちらもセラピストの多くが「話したくない」という話題のひとつです。
出張型の風俗エステにお勤めのCさんからは、以下のようなお話を聞くことができました。

「お金の話をするのは、ハッキリ言って嫌です。
『オプション代はいくらだっけ?』みたいな話は全然いいんですけど(笑)、お客さんの中には私たちの給料をしつこく聞いてくる人もいて、それが嫌なんです。
『へー、出勤時間少ないのにそんなに稼げるなんてすごいねぇ』『そんなに稼いでどうすんの?』ってイヤミな感じで言ってくるお客さんもいるので、ついつい警戒してしまいます」

いかがでしょうか。
特に、風俗遊びで“お金の話”を持ち出すのは無粋であるといわざるを得ません。
ましてや、それでイヤミなことを言うなどスマートな遊び方とはいえません。
ぜひ気をつけていただきたいところです。

「“お説教おじさん”はイヤ!」

「“お説教おじさん”はイヤ!」

“お説教おじさん”は、昭和の昔から風俗業界で見られた存在ですが、令和の時代になっても絶滅することはないようです。風俗エステのセラピストの中には、彼らに悩まされる女性が後を絶ちません。
多くの場合は、名前通りの中年男性。プレイ後にスッキリしたあとで女性を目に前に座らせ、さまざまな件でお説教をかましてきます。

最近、たてつづけに“お説教おじさん”に遭遇したという風俗エステのセラピストDさんは、ややお疲れの顔でこのようなお話を聞かせてくれました。

「ここ数日間で、ふたりのお客さんにお説教されました。マジで苦痛な時間でした。
ひとりはよくある道徳の先生みたいな説教してくる人で……『こんな店でお金を稼いじゃいけない』とか、『親は知ってるのか』みたいなことを言ってきました。
『じゃあ、あなたはこんな店でお金を使っていいの?』と言い返したかったけど、じっとしてました。
どこで仕事をしようと私の勝手じゃないですか。いろいろ事情があるんです。ホントにやめてほしいです」

いかがでしょうか。
お説教とは本来、「親」「教師」「上司」といった深い関係のある人たちがするものです。
一方、“お説教おじさん”とセラピストとの間には「従業員と客」という関係しかなく、お説教はひたすら的外れで無意味であり、単におじさんが気持ちよくなるだけの行為に過ぎません。
身に覚えがある方がいれば、「即刻その遊び方をあらためるべき!」と強く申し述べておきたいと思います。

まとめ

以上、今回は「セラピストがされて嫌な話」についてまとめてみました。
個人情報やお金の話、お説教……など話題はさまざまですが、共通するのは「従業員と客」という垣根を越えた話をされるのが嫌だということ。
メンズエステを利用する際には、ぜひ心に留めておいていただければと思います!

この記事をシェアする

関連キーワード

業界情報に関連する記事

業界情報の人気記事ランキング

カテゴリ

人気記事ランキング

キーワード

都道府県からお店を探す

業種からお店を探す

こだわり条件からお店を探す

©2020 エステの達人 All Rights Reserved.