お役立ち情報

公開日2022/08/25(木)

読了時間約 5分

風俗エステで「偽名」を使うのってどう?メリット・デメリットまとめ

風俗エステで「偽名」を使うのってどう?メリット・デメリットまとめ

今回は、風俗エステ店に予約を入れる際に頭を悩ます方が多いという「偽名」について取り上げます。

予約をするときは、偽名を使ってもいいのでしょうか。偽名を使うことに関して、お店の人はどう思っているのでしょうか。また、予約をする際に偽名を使うメリット・デメリットとは?

そんな気になるポイントについてまとめてみました。

この記事の目次[閉じる]

偽名予約を風俗エステ店はどう思ってる?

偽名予約を風俗エステ店はどう思ってる?

予約の際に偽名を使うことについて、風俗エステ店のスタッフはどう思っているのか気になる方もいらっしゃるのではないかと思います。

「偽名なんか使ってダサいと思っていないだろうか」「迷惑だと思っていないだろうか」など……。

しかし、結論からいえば風俗エステ店のスタッフは偽名だろうと本名だろうと、特に気にしてはいません。

風俗エステ店のスタッフが予約の際に名前を聞くのは、あくまでも来店時の「本人確認」をするために必要な情報だからです。

たとえば、風俗エステの中で特に多いのは派遣・出張型のお店ですが、風俗エステ嬢がホテルの部屋や自宅を訪れた際、「ご予約をいただいた○○様でしょうか?」という感じで電話予約の際に使った名前を告げ、簡単な本人確認を行います。

それでこちらが「そうです」といえば確認OKで、料金の支払いなどの手続きを開始することになるわけです。

というわけで、たいていの風俗エステ店では、「確認できさえすれば偽名であっても構わない」というスタンスを取っています。

「ニックネームでOK」というお店もある!

「本人確認ができさえすれば、電話口で名乗る名前は何でもOK」というお店も少なくありません。

そのようなお店では、いわゆる「山田太郎」のような一般的な姓名ではないニックネームでも可能です。

予約時に名乗った名前と、実際にプレイ前に確認される名前が一致すれば良いので、たとえば「ニコチャン」でも何でもOK。

とはいえ、あまりに複雑なニックネームだと咄嗟に忘れてしまうことも考えられるので要注意です。覚えやすいニックネームにしたい場合は、本名をもとにニックネームを考えるのが良いでしょう。

パッと思いつかない場合は、ネット上にある「ニックネーム生成サイト」を利用するのがおすすめです。本名を入れるとニックネームの候補を出してくれるので、スムーズに決めることができるでしょう。

風俗エステで偽名を使うメリット

風俗エステで偽名を使うメリット

風俗エステ店の予約をするとき、基本的に偽名を使うことは特に禁止されていません。では、偽名を使う具体的なメリットとしてはどんなことが考えられるでしょうか?

個人情報を守れる

もし何らかのルートで風俗エステ店に渡した情報が流出し、風俗エステを利用したことがバレると困るという事情を持っている方は少なくないでしょう。

たとえば、奥さんにバレたら面倒なことになるとか。あるいは、会社にバレたら立場が危うくなるとか……。

しかし、偽名を使用している場合、たとえお店が保有している情報が流出してしまった場合も、本名が世に出ることはありません。

このように、本名という個人情報を守りつつ風俗エステを楽しめるのは、大きなメリットといえるでしょう。

ただし、特に当サイトのようなポータルサイトに情報を掲載している優良店であれば個人情報の扱いに関する管理がしっかりしているので、情報が流出するリスクはほとんどありません。

この点に関しては、心配し過ぎる必要はないと思います。

ネットなどに暴露される心配がない

「お店の関係者に悪意を持った人物がいて、ネット上の掲示板などに本名を書き込まれたらどうしよう」そんな不安を持っている方もいらっしゃるかもしれません。

たとえば、お店のスタッフや風俗エステ嬢との間で何らかのトラブルが起きた際(料金やサービス内容のことで揉めるなど)、スタッフや風俗エステ嬢が腹いせに本名を暴露してしまうのではないか……とか。

それがきっかけで、風俗通いが周囲にバレてしまうと困るという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、偽名を使っていればそのようなリスクも抑えることができます。

もしも万が一そのようなことが起きた場合も、本名を使っていなければ、こちらとしては大きなダメージをこうむることはないわけです。

非日常感を楽しめる

あえて偽名を使うことで、他人になりきって非日常感を味わえるというメリットもあります。

たとえば奥さんや恋人がいる場合、プレイ中に風俗エステ嬢に本名を呼ばれると奥さんや恋人に対して罪悪感を覚えてしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、偽名を使っていればそのようなこともないでしょう。非日常的なプレイを堪能するひとときを、心ゆくまで楽しむことができます。

風俗エステで偽名を使うデメリット

風俗エステで偽名を使うデメリット

風俗エステで偽名を使うことに関しては、メリットがある一方でいくつかデメリットも考えられます。どのようなことがあるのか、まとめてみましょう。

会員制のお店では手続きが面倒になる

風俗エステ店の中には、「会員制」というシステムを設けているところがあります。多くの場合は高級店であり、「会員登録をした人でなければ利用できない」というルールのもとで営業しています。

その手続きを行うためには、初回の利用時に身分証を提示し、本名をはじめとした個人情報をお店の顧客管理システムに登録する必要があります。

そのようなお店で、事前予約の際に偽名を使っていると身分証を登録する際に名前が違うことが問題になり、手続きが面倒になることが考えられます。

他人の身分証を使って登録しようとしているのではないか、後ろめたいことがあるから本名を名乗れないのではないかと疑われ、最悪の場合は登録を断られてしまう可能性があります。



偽名を忘れると面倒なことになる場合がある

偽名に関しては、初回利用の際にちょっと珍しい偽名を使ってしまい、そのあとでどんな名前だったか忘れてしまう……ということが考えられます。

「まあ次に利用するときは別の偽名をでっち上げて名乗ればいいだろう」と考える方もいらっしゃるでしょうが、お店によってはトラブルに発展する可能性があるので要注意です。

 たとえば、風俗エステ店の中には、お店を始めて利用する際に「新規割引」のようなイベントが適用されるというところが少なくありません。

そのようなお店で初回時とは違う偽名を使うと、こちらはそのつもりがなくても、「初回利用に見せかけてまた『新規割引を使わせろ』と言うつもりでは?」などと疑われてしまう可能性があります。

プレイ中に偽名を呼ばれると微妙な感じになることも

女性とベッドをともにするとき、性的快感が高まっているタイミングで相手に名前を呼ばれるのは気持ちが良いものです。愛情を感じることができ、より快感が高まります。

風俗エステ嬢の中には、男性のそのような心理を心得て、プレイ中に積極的に名前を呼んでくれる女性が少なくありません……が、偽名を使っている場合、せっかく名前を呼ばれてもイマイチ盛り上がらないということが考えられます。

むしろ、プレイ中は偽名のことを忘れていて、「なんでこの子は他人の名前を呼ぶんだ?」と思って気が散ってしまい、快感のボルテージが下がってしまう……などということもあるでしょう。

まとめ

今回は、風俗エステで偽名を使うことに関してまとめてみましたが、いかがでしょうか。

予約の際に偽名を使うことは、自分の本名という個人情報を守れるというメリットがある一方で、会員制の高級店や新規割引があるお店ではトラブルの原因になったりすることがあるので注意が必要です。

ぜひ参考にしていただければと思います!



この記事をシェアする
関連キーワード

お役立ち情報に関連する記事

お役立ち情報の人気記事ランキング

カテゴリ

人気記事ランキング

キーワード

都道府県からお店を探す

業種からお店を探す

こだわり条件からお店を探す

©2022 エステの達人 All Rights Reserved.