お役立ち情報

公開日2020/02/06(木)

【初心者向け】メンズエステの来店・施術・退店の流れを徹底解説

【初心者向け】メンズエステの来店・施術・退店の流れを徹底解説

今回は、初心者向けの内容でお届けします。テーマは、メンズエステの「利用の流れ」です。

メンズエステには、大きく分けて「店舗型」「ルーム型」「出張型」の3タイプがありますが、
「店舗とルームって何?特にルームって何?」
「出張型ってセラピストが来てくれるの?何か準備が必要?」
などなど、いろんな疑問をお持ちの方がいらっしゃるかと思います。

というわけで、今回はそれぞれのタイプについて、ザッと流れを紹介してみたいと思います。

この記事の目次

  1. 店舗型の流れ
  2. ルーム型の流れ
  3. 出張型の流れ
  4. まとめ

店舗型の流れ

店舗型の流れ

店舗型のメンズエステとは、要するに店舗を構えているお店のこと。
ヌキなしのメンズエステも、ヌキありの風俗エステも、歓楽街に店舗を構えているのが一般的です。
店舗内には受付と待合室、そしてサービスを提供するための個室が備えられています。
個室の中はシャワールームとベッドルームに分かれており、癒しのムードを演出するためのBGMや家具・調度品が整えられています。

さて、そんな店舗型メンズエステの利用方法は、以下の通りです。


【STEP1】来店・受付

直接その足でお店に向かいます。
正面玄関に入るとすぐ目の前に受付スペースがあり、そのわきに待合室が、また奥のほうに個室が並んでいるのが一般的です。

まずは受付で、サービスを利用するための手続きを行います。
セラピストとコース時間を選び、料金の説明を受けて支払いをします。
風俗エステの場合は、ここでオプションを指定したりすることも可能です。

ちなみに、セラピストを選んで指名すると基本料金のほかに指名料が発生するので、そのあたりを抑えたい場合はスタッフにお任せすることもできます。
また、店舗に向かう前に電話などで予約を入れ、セラピストを指名することも可能です。


【STEP2】個室にご案内・シャワー

受付の手続きが完了したら、待合室でしばし待機します。
待合室は、雑誌が置いてあったり、ウォーターサーバーやジュースの自動販売機があったり……あるいは、スタッフがお茶を淹れて持ってきてくれるところもあります。

やがて、セラピストの準備が整ったらスタッフが待合室に登場し、「個室へご案内」となります。
このとき、
(1)待合室を出たところでセラピストと対面し、一緒に個室へ
(2)スタッフに案内された個室に入り、セラピストの到着を待つ
という2通りのパターンがあります。

個室に落ち着いたら、まずはご挨拶。
次に、脱衣&シャワータイム。
シャワーを浴びて体を拭き、紙パンツ1枚の姿になってベッドに移動します。
そして、いよいよ……。


【STEP3】サービス開始

施術開始です。
具体的な内容については、店舗によって異なります。
全身くまなくアロマオイルを使って揉みほぐすアロマトリートメント、リンパにアプローチするリンパドレナージュ、手足の曲げ伸ばしを行うストレッチ……などなど。
セラピストとの会話も楽しみつつ、癒しのひとときを過ごしましょう。


【STEP4】退店

楽しかった時間もあっという間……マッサージが終了すると、退店の準備に入ります。
シャワーを浴びてオイルを落として汗を流し、服を着てサヨナラの挨拶。
お見送りするセラピストを背に、お店を出ます。

ルーム型の流れ

ルーム型の流れ

ルーム型のメンズエステとは、マンションの一室をマッサージルームとして利用しているお店のこと。
ワンルームマンションや2LDKのマンションなどでサービスを楽しむことができます。
駅チカのマンションを利用しているのが一般的であり、店舗型のメンズエステと同じく、施術のための部屋は癒やしのムードを演出しています。
そんなルーム型のメンズエステは、以下の流れで利用することになります。


【STEP1】電話予約

ルーム型のメンズエステは、電話予約が必須です。
お店はマンションの2~3部屋を借りていて、お客さんからの電話予約を受けてそのうちの1部屋を確保。そのうえで、部屋番号を電話で伝えてくれるという仕組みになっています。
また、電話予約の際にセラピストとコース時間を選ぶことができます。
その際、料金の説明を聞いて準備しておきましょう。


【STEP2】来店・受付

予約が成立したら、その時間に合わせてマンションに向かいます。
エントランスのオートロック操作盤に部屋番号を打ち込み、セラピストがインターホンに出たらお客さんであることを伝えて解錠してもらいます。

そして部屋に向かい、いよいよセラピストとご対面です。
店舗型と異なり、ルーム型の場合は男性スタッフと顔を合わせることなく、じかにセラピストと対面することになります。女の子のマンションに遊びに行くかのような“プライベート感”を楽しめるのがポイントです。

とはいえ、もちろんプライベートではないので、まずは受付の手続きが必要です。
事前に聞いていた料金をセラピストに支払い、そのうえで次のステップに移ります。


【STEP3】シャワー・サービス開始

シャワールームに移動してシャワーを浴び、紙パンツ姿になって部屋に戻り、サービス開始。
以後の内容は、店舗型と同じです。


【STEP4】退店

サービスが終了したら、再びシャワーを浴びます。
着替えをして、サヨナラの挨拶をしたあとでセラピストに見送られ、部屋をあとにすることになります。

出張型の流れ

出張型の流れ

出張型のメンズエステは、セラピストがあなたの自宅やホテルに出張してサービスを提供します。
深夜・早朝も営業しているお店が多いことがメリットとして挙げられます。

ただし、自宅NGのお店があったり、利用できるホテルに制限があったりするので、事前の確認が欠かせません。特にビジネスホテルの場合、ホテル側が「来客お断り」としているケースもあるので注意しましょう。

また、必要なものはセラピストが持参するので特別な準備は不要ですが、やはりマナーとして家の中はきちんと片づけておきたいところです。


【STEP1】電話予約

ルーム型と同じく、出張型のメンズエステも電話予約が必須です。
電話でセラピストを選び、あるいはスタッフの「おまかせ」で待ち時間が短い女性を見つくろってもらい、さらにはコース時間を選びます。
また、この際に料金の説明を聞いて準備します。

ちなみに、電話予約の際に出張エステを利用できるホテルを教えてもらうこともできます。
こちらを聞いたうえでホテルに移動すると、スムーズにサービスを利用することが可能です。


【STEP2】セラピスト来訪・受付

指定した時間に、自宅やホテルの部屋にセラピストが来訪します。
まるで女の子が遊びに来てくれたような気分を味わえるのがポイントですが、受付の手続きを忘れてはいけません。料金を支払ったうえで、次のステップへと移ります。


【STEP3】シャワー・サービス開始

シャワーを浴びたうえでサービス開始となる、という流れ自体は店舗型やルーム型と同じです。
ただし、お店によっては「セラピストが到着するまでにシャワーを浴びておいてください」というところもあります。
このあたりは、事前に電話やお店のHPなどで確認しておきましょう。


【STEP4】セラピスト退出

サービスが終了すると、再びシャワー。
セラピストは後片付けをしたあとで退出します。
マッサージの余韻にひたりつつ、すぐにまったりできるのも出張エステならではのメリットといえます。

まとめ

いかがでしょうか。
今回は、メンズエステの「利用の流れ」についてまとめてみました。
これから初めてメンズエステを利用する方は、ぜひ参考にしてみてください。

なお、エステの達人では各地域の店舗型、ルーム型、出張型メンズエステの詳細情報を掲載しています。
店舗の住所、お店の電話番号、料金システム、在籍するセラピスト……さまざまな情報をチェックできるので、ご覧のうえで楽しいエステライフを送っていただければと思います!

この記事をシェアする

関連キーワード

お役立ち情報に関連する記事

お役立ち情報の人気記事ランキング

カテゴリ

人気記事ランキング

キーワード

都道府県からお店を探す

業種からお店を探す

こだわり条件からお店を探す

©2020 エステの達人 All Rights Reserved.