お役立ち情報

2019/10/03(木)

【風俗エステ徹底解説】「早朝風俗」とは?メリット&デメリットを紹介

【風俗エステ徹底解説】「早朝風俗」とは?メリット&デメリットを紹介

風俗エステを含む風俗店の中には、「早朝営業」を行っているお店が少なくありません。
たとえば午前6時からお客さんを受け入れている店舗型の風俗エステ、あるいは深夜・早朝にセラピストを派遣している出張型の風俗エステがあります。

今回のエステの達人マガジンでは、そんな「早朝風俗」をテーマにお送りします。
早朝風俗とは、そもそもどのようなものなのでしょうか?
そして、そのメリット&デメリットとは?

この記事の目次

  1. 「早朝風俗」とは?
  2. 早朝風俗エステのメリット
  3. 早朝風俗エステのデメリット
  4. まとめ

「早朝風俗」とは?

もともとは、店舗型のソープランドやファッションヘルスが始めたサービスです。
店舗型の風俗店は、「風営法」によって「午前0時から午前6時までの営業」を禁じられています。
たとえば、午前10時に開店するお店は日付が切り替わる前に営業を終了しなければならず、トータル14時間しか営業できない=稼げないということになります。

そんな中、どこかのソープランド、あるいはファッションヘルスのスタッフがひらめきます。
「午前6時からスタートすれば営業時間が『6:00~24:00』となって、18時間も稼げるじゃないか!」
というわけで、午前6~7時に開店する「早朝ソープ」や「早朝ヘルス」が誕生したのでした。

一方、デリバリーヘルスやデリバリー風俗エステといった出張型の風俗店は、そもそも「早朝営業」が可能な業種です。
というのも、風営法では、お客さんを迎える店舗を持たない「無店舗・出張型」の風俗店に対して営業時間の規制がありません。
お店が自由に営業時間を決めることが可能です。
たとえば「10:00~翌5:00」など、午前中に開店して深夜をまたぎ、翌日の早朝まで営業しているお店が見られます。さらに、24時間営業のところも少なくありません。

さて、お店にとっては「稼ぐチャンスが増える」という大きなメリットがある早朝風俗。
一方、お客さんの立場ではどのようなメリットが考えられるでしょうか。

また逆に、考えられるデメリットとは?
以下にまとめてみたので、チェックしてみてください。

早朝風俗エステのメリット

早朝風俗エステのメリット

料金が安い!

特に店舗型の風俗店の場合、早朝の時間帯は料金を安めに設定しているところが多く見られます。
やはり早朝の時間帯は日中や夜に比べると客足が少なくなりがちなので、割引料金にしてお客さんを引き寄せようと考えているわけです。

お客さんにとっては、「安く遊べる」という大きなメリットがあります。
通常料金ではなかなか足が向かない高級店を、お得な料金で楽しめることもあるでしょう。


女の子の体力が充実!

風俗のお仕事は、女の子にとって決して楽なものではありません。
複数のお客さんの相手をするとなると、退勤間際にはヘトヘトになっている……ということもあるでしょう。

一方、早朝風俗の場合、女の子は気力・体力ともにいちばん充実している状態で接客してくれます。
より濃厚なサービスが期待できるわけです。

ただし、特に24時間営業の出張型風俗店を利用する場合には、注意が必要です。
早朝出勤の女の子を指名する場合は、上記のようなメリットを享受できるでしょう。

しかし、たとえば午前0時に出勤して立て続けにお仕事をこなしてきた女の子を午前6時に呼ぶとなると、彼女は疲労困憊している可能性があります。


出勤前にスッキリできる!

「平日朝、“朝勃ち”していてムラムラが止まらない……」
そんな経験をしたことがある方もいらっしゃるのではないかと思います。

そんなとき、早朝風俗が存在しない世界では、どんなに人肌恋しくなったとしても自分で何とか処理するしかありません。しかし、幸運なことに私たちの世界には今、早朝風俗が存在しています。

特に、デリヘルや出張型の風俗エステなら、わざわざ外に出なくてもパジャマ姿のまま女の子を迎えることが可能です。
「今朝は1発ヌイて、スッキリしてから仕事に行きたい」
そんなときは、早朝風俗を利用してみてはいかがでしょうか。

早朝風俗エステのデメリット

眠くて楽しめないかも?

たとえば、午前0~1時の段階では「明日は朝から風俗に行くぞ!」とワクワクしていたあなた。
しかし、アラームをセットして数時間眠ったあと、目覚めたときは完全に寝不足で、足もとはフラフラ。
まったく元気が出ず、風俗のサービスもイマイチ気持ちよくなくて微妙な時間を過ごしてしまった……となってしまうことが考えられます。

また、事前に予約を入れていたものの寝落ちしてしまってお店に行けなかった……ということも考えられます。
予約をすっぽかされると、お店にとっては大迷惑。
場合によっては出禁になってしまうこともあるので要注意です。


「出勤ギリギリ」は要注意

すでに書いたように、早朝風俗には「出勤前にスッキリできる」というメリットがあります……が、逆にデメリットにつながってしまう場合もあります。

たとえば、あなたは午前9時に出社しなければならないサラリーマンで、通勤時間のことも考えると午前8時に家を出る必要がある……という場合。
「7:00~8:00」の60分コースで利用すれば余裕!と思われるかもしれませんが、要注意です。

というのも、風俗のサービスは必ずしもキッチリ時間通りに進行するわけではないからです。
たとえば、女の子の案内がやや遅れてしまうかもしれません。

あるいは、サービス後の着替えなどに少々時間がかかってしまうかもしれません。
結果的に、すべてが終わってひとりになったときには午前8時を大幅に過ぎていて遅刻が確定……ということが考えられます。

まとめ

いかがでしょうか。
さまざまなメリットが考えられる早朝風俗。まさしく「早起きは三文の徳(得)」といえるでしょう。
しかし一方で、いくつかデメリットがあることも覚えておきたいところです。

・しっかり眠って体力を万全にして利用すること
・平日の朝(出勤前)は時間的なゆとりをもって利用すること


以上のようなポイントを押さえたうえで、楽しんでみてください!

関連キーワード

お役立ち情報に関連する記事

お役立ち情報の人気記事ランキング

カテゴリ

人気記事ランキング

キーワード

都道府県からお店を探す

風俗エステ
メンズエステ

業種からお店を探す

こだわり条件からお店を探す

©2019 エステの達人 All Rights Reserved.