お役立ち情報

更新日2021/09/27(月)

公開日2021/01/27(水)

読了時間約 7分 50秒

風俗エステでも楽しめる「ジャップカサイ」を徹底解説!

風俗エステでも楽しめる「ジャップカサイ」を徹底解説!

今回のテーマは、「ジャップカサイ」です。

「何それ?」という方も多いかと思いますが、これは風俗エステで楽しめるサービスのひとつ。一般的なリラクゼーションマッサージとは一味違う「新しい体験」を提供してくれるサービスです。

今回はそんなジャップカサイについて、徹底解説したいと思います。

この記事の目次[閉じる]

ジャップカサイとは?

ジャップカサイとは?

そもそも「ジャップカサイ」とは何なのでしょうか?「聞いたこともない」という方も多いと思うので、基本的なことから解説したいと思います。


タイ伝統の「睾丸マッサージ」

「ジャップカサイ(JAPKASAI)」は、タイで生まれた独自のマッサージ技術です。タイ古式マッサージの一種であり、本国タイでは、特にマッサージが上手な人だけが学べる「秘伝の奥義」とされてきました。

内容は、簡単にいえば「睾丸マッサージ」です。男性の睾丸を、セラピストが手のひらで包み込んで温め、トリートメントするサービスとなっています。

具体的には、睾丸を揉みほぐしたり、睾丸を包む陰嚢を引いたり押したりして刺激を与えます。「痛いのでは?」と思われるかもしれませんが、あくまでも「適度な刺激」です。

もちろん個人差はあるかと思いますが、心配しなくてもOK。万が一、痛いと感じた場合でも「もう少し優しくお願いします」といえばマイルドにマッサージしてくれるでしょう。


どのようなお店でジャップカサイは受けれられる?

ジャップカサイは、タイ古式マッサージの一種。というわけで、施術を受けるにはタイ古式マッサージをサービスメニューに含んでいるメンズエステ店を利用する必要があります。

しかし上にも書いたように、ジャップカサイはタイ古式マッサージのセラピストの中でも、特に優れたセラピストのみが学べる技術とされています。

「ジャップカサイ」というメニューをホームページなどでしっかり明記しているお店を選ぶのが、確実に楽しむためのコツといえます。

また精力アップの効果があるということで、風俗エステでも取り入れるお店が増えています。

ジャップカサイで精力を高めたうえで、性感を刺激するプレイを楽しみ、いつもよりも強い快感を味わうことができるというわけです。

ちなみに風俗エステの場合、「睾丸マッサージ」という名称で施術を行っているお店が少なくありません。お店を探す際には、参考にしてみてください。


サービスの流れ

風俗エステにしろ、ヌキなしのメンズエステにしろ、ジャップカサイはセラピストがいきなり股の間に手を入れて睾丸をつかむ……というサービスではありません。

睾丸へのアプローチが始まる前に、まずは全身をしっかり揉みほぐすマッサージが行われます。事前のマッサージで血行を促進することで、ジャップカサイの効果が得やすくなるほか、刺激をやわらげる働きがあるようです。

というわけで、ジャップカサイの施術は、
①全身トリートメント
②ジャップカサイ

という流れで行われます。

そしてその後、風俗エステの場合は「ヌキ」のプレイがあるわけです。
睾丸をたっぷり癒してもらったあとのプレイでは、より高い快感を得られるでしょう。


本場タイでの「ジャップカサイ」を受けられる場所

すでに紹介したように、ジャップカサイはタイ発祥の睾丸マッサージであるわけですが、その本場タイではどこに行けば「本場のジャップカサイ」が受けられるのでしょうか?

結論からいえば、現代のタイでジャップカサイを提供しているお店を探すのはなかなか難しいといえそうです。

首都のバンコクでは「古式按摩」という種類のお店でジャップカサイを受けられる場合があるようですが、店舗の数はそれほど多くないようです。

お店ではなく、マッサージ師が個人で客を取っているというパターンもあるようですが、多くの場合は現地の人たちが利用者であり、日本人がそういう人を見つけるのは簡単ではないといえるでしょう。

ジャップカサイは痛くない?

ジャップカサイは痛くない?

タイ伝統の本格的なジャップカサイは、痛みを伴うことが少なくありません。睾丸を強く刺激するので、睾丸そのものも痛いですが、下腹部全体に衝撃が加わって痛いと感じることもあるようです。

睾丸をほぐすとき、睾丸を引っ張るとき、それぞれ少なからず痛みを感じると思います。

ただし、日本の風俗エステなどで提供されているジャップカサイは、内容的にそれほどハードではありません。

すでに紹介したように、「痛いので優しくお願いします」などと注文することで、よりマイルドなジャップカサイを楽しめるようになると思います。

ジャップカサイの効果

ジャップカサイの効果

精力アップの効果あり!

ジャップカサイの効果としては、まずは「精力アップ」が挙げられます。

適度な力で睾丸を刺激し、精液の通り道である精管にも刺激を伝えることで、睾丸周辺の血行が良くなり、また下半身のリンパの流れも良くなります。

その結果、「勃起の持続力が上がった」「射精の勢いが良くなった」などの効果を得ることができるのです。


腰痛などの痛みの改善

ジャップカサイのサービスを提供するお店では、睾丸を中心に下半身を入念にマッサージします。鼠径部や骨盤の周辺などをしっかりほぐしていくので、腰痛をやわらげるという効果に期待できます。

また、睾丸をマッサージすることによって精力を増強した結果、男性ホルモンをたくさん作れるようになるというのもポイントです。

腰痛を持っている男性の中には、さまざまな原因で男性ホルモンの量が減少し、それが原因で心身の調子を崩し、腰の痛みを覚えるようになってしまう……というパターンがあります。

そのような男性にとって、ジャップカサイは男性ホルモンを増やして腰痛を解消するきっかけになります。


腎機能の改善

実際に睾丸を自分で揉んでみると分かると思いますが、下腹部全体に刺激が伝わります。この刺激は、下腹部にある臓器に対して良い影響をもたらします。

特に、腎臓に刺激を伝えることでその機能を活性化させられる点がポイントとして挙げられます。

腎臓は老廃物を体外に排出するための機能を担っていますが、さまざまな原因で機能が低下してしまい、老廃物が排出されづらくなってしまうことがあります。

老廃物が蓄積すると、疲れがたまったり、むくみが引かなかったり……といった不調が出てきます。

そこで役立つのがジャップカサイです。睾丸を通じて刺激を与えることで再び活性化させ、だるさやむくみを解消します。

どんなセラピストがジャップカサイをしてくれる?

どんなセラピストがジャップカサイをしてくれる?

すでに紹介したように、ジャップカサイは本来、タイで優れたセラピストだけが学べるとされてきた技術です。日本の風俗エステ・メンズエステで利用できるジャップカサイもまた、優れたセラピストによって行われます。

風俗エステでも、睾丸という繊細な部分を触るサービスであるだけに、技術力が高いテクニシャンがセラピストとして担当してくれるようです。

ジャップカサイの料金は?

ジャップカサイの料金は?

ジャップカサイは繊細なテクニックが求められる施術です。そのこともあり、やや高級店寄りの風俗エステ店で提供されています。

基本コースが80 or 90分で、料金は20,000円前後というのが相場です。

基本プレイにジャップカサイ(睾丸マッサージ)が含まれているのが一般的で、追加料金などなしで楽しめるお店が多いようです。

ジャップカサイはどんな人におすすめ?

ジャップカサイはどんな人におすすめ?

ジャップカサイは、主に精力増強の効果が期待できます。「最近、勃起が続かなくなった」という方には、特におすすめといえるでしょう。

さらに、定期的にジャップカサイを受けることで腰痛の改善にも効果が見込めるとされています。

特に、足腰に不調が多く見られる40代以上の男性は、腰痛解消の方法としてジャップカサイを選んでみても良いかもしれません。

また、ジャップカサイはマニアックなプレイに興味がある風俗ファンの方にもおすすめといえます。

デリヘルなどの一般的な風俗店では、睾丸といえばフェラチオのついでに触られるくらいのものです。

しかしジャップカサイありの風俗エステなら、普段はなかなかフィーチャーされることがない睾丸をたっぷりとトリートメントしてもらうことができます。

それは、新たな快感をもたらしてくれるプレイとなるでしょう。特に、受け身が好きな方、Mの自覚がある方はより楽しめると思います。

ジャップカサイ体験談

ジャップカサイ体験談

Tさん「下半身が若返ったかのようです!」

私は今、35歳です。これまで年齢のことなんか特に気にしたこともなくて「まだまだ若いぜ!」と思っていたのですが、あるとき彼女とエッチをして、初めて中折れするという経験をしまして……。

最初は勃起するんですけど、途中で気持ちとは裏腹にフニャフニャになってしまうんですよ!「うわー、年を取って精力が減退したんだなあ」としみじみ思いました。

でも、勃起のために薬を飲むのもちょっと抵抗があって……。

そんなときに、ジャップカサイの存在を知ったんです。

せっかくなら可愛い女の子がいる風俗エステで楽しみたいと思いまして、「これは浮気じゃない、精力増強のためだ」と言い聞かせながら行きましたよ(笑)

実際にジャップカサイを受けてみると、最初は「何だタマをマッサージするだけか」という印象だったのですが、サオを撫でてもらっているうちにムキムキッと固く勃起したんです。

その日は中折れすることもなく、女の子の上手な手コキでイカせてもらって、かなり気持ちよかったです。

そしてその後、何度か通ってジャップカサイを受けているうちに、普通に彼女とエッチするときも明らかに下半身がパワフルになっているのを感じるようになりました。

久しぶりに顔を真っ赤にして喘ぐ彼女の姿を見て、ものすごく興奮しました。ジャップカサイを受けてよかったです!


Iさん「新しい『性の扉』が開かれました(笑)」

僕、けっこう若い頃からいろんな女の子といろんなセックスをしてきて、風俗にもいっぱい行っていたし、最近は何だか飽き飽きしていたんです。「もう結構ヤリ尽くした感じがあるな」とか思っていたんですよ。

そんな時期に出会ったのがジャップカサイです。

これは良い出会いでした。睾丸をぐんぐん引っ張られたり、揉まれたりする性感マッサージで、まったく新しい感覚に襲われたんです!

普通、睾丸といえば女の子がフェラチオのついでに舐めてくれる、くらいじゃないですか。でもジャップカサイの場合は、睾丸を痛いくらいにもてあそんでくれるんですね。

僕はちょっとMっぽいところがあったんですが、これで完全に目覚めてしまいました(笑)
しばらくはジャップカサイにハマると思います。


Mさん「正直なところ日本のジャップカサイのほうが良質ですよ」

僕は世界のいろんな風俗やいかがわしい店に行っては、スリリングな体験をしていますが、タイではジャップカサイを体験してみました。

当時、日本の風俗にはあまり行っていなかったので、日本の風俗エステでやってもらえるとは知らない状態でした。

で、タイのジャップカサイなのですが……。

正直なところ、日本に帰ってきてから風俗エステでチャレンジしたジャップカサイのほうが、まだ繊細で質が高いと思いましたね。

もちろん、タイにだってジャップカサイが上手な人はいると思いますが、個人の経験としては日本人セラピストが日本の風俗エステの店でやっているジャップカサイのほうが、より日本人の体に合っていると思います。

ジャップカサイ中のNG行為とは?

ジャップカサイ中のNG行為とは?

ジャップカサイを提供するお店がヌキなしのタイ古式マッサージ専門店だった場合、言うまでもなく性的なサービスを要求することはNGです。

風俗エステの場合も、以下のようなNG行為が設定されています。

・「ソフトタッチ」のオプションなしでセラピストに触れる
・本番行為の強要をする


そのほか、「ソフトタッチ」のオプションを付けた場合でも、女性の下半身に触れるのはNGとしているお店が多いようです。

気持ちよくサービスを楽しむためにも、ぜひ押さえておきましょう。

まとめ

いかがでしょうか。
今回は、風俗エステでも楽しめるジャップカサイについてまとめてみました。

魅惑の睾丸マッサージで、精力増強効果とともにマニアックな風俗プレイのひとときを楽しめるジャップカサイ。ぜひ楽しんでいただきたいと思いますが、風俗エステのお店を探す際にはエステの達人をご活用ください。

「ジャップカサイ(睾丸マッサージ)」が楽しめるお店もチェックできるので、お役立ていただければと思います!

>>風俗エステの「M性感」に興味がある方はコチラ

この記事をシェアする
関連キーワード

お役立ち情報に関連する記事

お役立ち情報の人気記事ランキング

カテゴリ

人気記事ランキング

キーワード

都道府県からお店を探す

業種からお店を探す

こだわり条件からお店を探す

©2022 エステの達人 All Rights Reserved.