お役立ち情報

公開日2021/03/31(水)

読了時間約 4分 50秒

逆マッサージって何?サービス内容を徹底解説!

逆マッサージって何?サービス内容を徹底解説!

今回のエステの達人マガジンは、「逆マッサージ」をテーマにお届けします。

逆マッサージは、主に風俗エステ店に見られるオプションのひとつ。普段のエステとは一味違った感覚を味わえるサービスです。

具体的にはどんなサービスなのか、まとめてみました。

この記事の目次[開く]

「逆マッサージ」とは?

「逆マッサージ」とは?

風俗エステは、女性セラピストが男性客に対して「エステ+エロス」のサービスを提供するのが基本です。
アロマオイルなどを使ったリラクゼーションマッサージに、性感を刺激するハンドサービス(手コキ)が付属します。

そんな風俗エステでは、逆に「男性客の側が女性セラピストをマッサージする」というサービスもあります。それこそが「逆マッサージ」です。

お店によっては「逆エステ」と呼ばれることもありますが、ポイントは普段なら触れることができないセラピストの体に触れられること!またマッサージの合間に女性の性感帯にタッチでき、彼女が感じている姿を見られるのも見逃せないポイントです。

「逆マッサージ」はどんなことができる?

「逆マッサージ」はどんなことができる?

「でも、『逆マッサージ』だと漠然とし過ぎていて、どんなことが出来るか分からない」という方もいると思います。そこで、ここでは「逆マッサージ(逆エステ)」で出来ることをまとめてみました。


女性に対して「キワキワマッサージ」!

アロマオイルを使い、女性の全身を揉みほぐすことができる……これが、逆マッサージの基本です。
下着姿のセラピストにたっぷりアロマオイルを塗り、オイルで輝く美しい裸身を思う存分、手で触って堪能できます。

また、「キワキワ」の部分をじっくり責められるのもポイントです。脇の下をマッサージしつつバストを揉み、太もものマッサージでは付け根の鼠径部に指を這わせ、女性がギリギリの快感に悶える姿を楽しむことができます。

AVには「男性マッサージ師が女性客をイカせる」という人気シリーズがありますが、まさしく気分はビデオに登場するマッサージ師なのです。


さらにエロく責めることが可能なお店も!

「逆エステ」と呼ばれることもある逆マッサージは、基本的には女性セラピストに対してエステマッサージが出来るというもの。「指入れ」などのプレイは禁止されているのが一般的で、キスなどは別途オプションとなっている場合が多いようです。

ただし、お店によっては紙ショーツの上からローターで責めることができるというところもあります。

全身マッサージでさりげなくバストや鼠径部を刺激してセラピストの性感を高め、さらにローターを使って気持ちよくなってもらう……というプレイが可能です。

「逆マッサージ」はどんな人に向いてる?

「逆マッサージ」はどんな人に向いてる?

逆マッサージのオプションがないスタンダードな風俗エステでは、男性側は基本的に「完全受け身」です。
うつ伏せになったり仰向けになったりしておとなしくマッサージを受け、最終的には手コキでヌイてもらうということになります。

もちろん「ソフトタッチ」などのオプションもありますが、これは「手コキをされながらバストを揉む」といったもので、本格的にセラピストを責めることができるわけではありません。

そのような風俗エステの基本サービスに、物足りなさを感じている方もいらっしゃると思います。

「せっかく綺麗な女性と2人きりでヌイてもらうんだから、こっちも責めたい!」という方には、まさしく逆マッサージはうってつけといえるでしょう。

「逆マッサージ」が可能なセラピストはどんな女性?

「逆マッサージ」が可能なセラピストはどんな女性?

風俗エステ店が用意している女の子は、「素人系」が基本です。

風俗業界に身を置きながらも、良い意味でプロっぽさがない「普通の女の子」の雰囲気があります。
ヘルスなどに比べると内容がソフトなので、風俗に慣れていないタイプの女性が多くなる傾向にあります。

彼女たちは「普通の女の子」なので、逆マッサージではちょっとした刺激で素人っぽいウブで可愛い反応を見せてくれます。
先に少し紹介しましたが、まさしく「マッサージ系AV」で見るような反応を楽しめます。

また、「マッサージ系AV」といえば「人妻をマッサージでイカせる」というタイプの作品も存在しますが、風俗エステの中には人妻・熟女系のセラピストがメインのお店もあります。

そのようなお店であれば、「AVに登場するマッサージ師になって人妻・熟女をイカせる」という体験も楽しむことができるでしょう。

女盛りを迎えた人妻・熟女系の女性たちは性感が発達しており、若い女の子とはまた違った反応を見せてくれます。

「逆マッサージ」の注意点

「逆マッサージ」の注意点

お店によってサービスの内容は異なるので注意!

風俗エステの「逆マッサージ(逆エステ)」は、基本的にはオプション扱いとなっています。

コース時間の中で女性セラピストのマッサージを受け、逆マッサージで「お返し」をしてあげて、最終的にはハンドサービスでヌイてもらう……というのが一連の流れです。

しかし、世に数ある風俗エステ店の中には、「逆マッサージ専門店」として営業しているところもあります。

在籍する女の子はセラピストではなく、たとえば60分コースを選んだ場合、準備時間やシャワーの時間を引いたおよそ40分間、ひたすら男性側が女性のマッサージを行います。

最終的にヌイてもらうところは同じですが、このタイプのお店では女性にマッサージで癒してもらうことはできません。

「今日はたっぷり女の子を感じさせてやるぞー!」という方にはピッタリですが、「ボクもマッサージされたい」という方は注意が必要です。


ルールを事前に確認すること!

逆マッサージのオプションを用意しているお店は少なからずあり、お店によって「男性ができること」の内容は異なっています。

たとえば、逆マッサージのオプションだけつければ自動的にキスも可能になるお店がある一方、「キスは別途オプション料金が必要」というところもあります。

「前に利用したお店ではOKだったから」ということで何かしようとするとセラピストに止められ、トラブルに発展することも考えられます。

事前にお店のホームページをチェックしたり、スタッフに確認したりして、「このお店では何ができるのか」を把握しておきましょう。

>>風俗エステ「M性感」に興味がある方はコチラ

利用者に聞いた!「逆マッサージ」体験談

利用者に聞いた!「逆マッサージ」体験談

Dさん「女の子が感じてくれるのが嬉しいですね」

普段は感じさせられてばかりですが、逆エステでは女の子が感じてくれるので、新鮮で楽しいです。

僕はちょっと贅沢な遊びをしていて、風俗エステを利用するとき1回目はお店のパネル写真を見て、なるべくクールビューティな感じの女性を選ぶんです。

そして、1回目は普通に受け身に回って彼女のマッサージを受けます。このときはマゾっぽい気分で楽しめます。

次に2回目は、同じ女性を指名して逆エステのオプションを付けます。今度は僕がキワキワを責めたりして、彼女を感じさせるわけですね。

「こないだ僕をイカせた女の子が、今は僕にイカされている」と思うと興奮しますよ!征服感たっぷりで、Sっぽい気分を味わえます。
こういう遊び方、いかがですか?


Kさん「オキニのセラピストと、絆がより深まりました(笑)」

私はガタイが大きくて顔もいかついので、「見た目が怖い」と言われることが少なくありません。
お気に入りのセラピストがいるのですが、彼女もずっと私のことを「怖い人」と思っていたみたいです(笑)

なので、ちょっとした気まぐれで(たまには私のほうも彼女の体を触って気持ちよくさせたいな、と思ったので)逆マッサージのオプションを選んだときも、ちょっと緊張した顔をしていました。

でも実は私、マッサージがすごく得意なんですよ。自分で言うのも何ですが、「ほどよい強さで揉んでくれるし指先の動きが丁寧で良い」と、いろんな人から好評なんです。

そんなわけで、逆マッサージをしたときも、オキニのセラピストから褒めてもらえました。「怖い人だと思ってたから意外!すごく優しいマッサージだった」と言われました。

それからは、彼女はより私にうちとけてくれるようになりました。
逆マッサージのおかげで、オキニとの絆がより深まったわけですね(笑)

まとめ

いかがでしょうか。
今回は、風俗エステの「逆マッサージ(逆エステ)」についてまとめてみました。

普段とは逆に、男性側が女性セラピストをマッサージして、きわどい部分を責めて感じさせることができるというこのオプション。体験談にもあるように、Sっぽい気分で楽しめるというのが大きなポイントといえます。

風俗エステをより楽しみたい方は、ぜひ参考にしていただければと思います!

この記事をシェアする

関連キーワード

お役立ち情報に関連する記事

お役立ち情報の人気記事ランキング

カテゴリ

人気記事ランキング

キーワード

都道府県からお店を探す

業種からお店を探す

こだわり条件からお店を探す

©2021 エステの達人 All Rights Reserved.