お役立ち情報

公開日2021/06/03(木)

更新日2021/08/26(木)

読了時間約 10分 50秒

ドライオーガズムを徹底解説!風俗エステでも体験できる究極の快楽!

ドライオーガズムを徹底解説!風俗エステでも体験できる究極の快楽!

前立腺を刺激することで絶頂を体験できる「ドライオーガズム」を徹底解説。男性の場合「オーガズム」といえば一般的には射精ですが、ドライオーガズムは「射精を伴わない性的絶頂」を意味します。

射精では味わえない強烈な快感を得ることができ、通常は男性がほとんど経験できない連続絶頂も可能です。具体的にはどのようなものなのでしょうか?

この記事の目次[閉じる]

ドライオーガズムとは?

ドライオーガズムとは?

主に、男性が性行為の中で感じられるオーガズムには、
・ウェットオーガズム
・ドライオーガズム
・マルチプルオーガズム

という3種類のものがあります。

今回のテーマである「ドライオーガズム」は、「ドライ(Dry=乾いた)」「オーガズム(Orgasm=性的絶頂)」からなる言葉です。簡単にいえば、精液が出ない「乾いた状態」で性的絶頂に達することを意味します。

射精の快感はペニスを刺激することで得られるものですが、ドライオーガズムは「前立腺」などを刺激することで得られるという特徴があります。


「ドライオーガズム」の対義語「ウェットオーガズム」

ウェットオーガズムは、「ドライオーガズム」の対義語です。

「ウェット(Wet=濡れた・湿った)」という言葉が入っていることからも分かるように、濡れた状態になって迎える、いわゆる「射精を伴うオーガズム」を指します。

ペニスを刺激することで得られるのが一般的ですが、前立腺の開発が進むと、ペニスに触れなくても前立腺への刺激だけで射精する「トコロテン」を楽しむこともできます。


壊れるくらいイケる連続絶頂「マルチプルオーガズム」

マルチプルオーガズムの「マルチプル(Multiple)」は「多様な・多重の・複数の」といった意味を持つ言葉であり、マルチプルオーガズムは「多重の性的絶頂」すなわち「連続絶頂」を意味します。

特に、射精を伴わないドライオーガズムが何度も連続して訪れることを指します。

射精によるウェットオーガズムは、連続で続けていると精液の量が減るために快感も減少していきますが、ドライオーガズムが連続するマルチプルオーガズムの場合は射精を伴わないため、何度くり返しても快感が減少せず、連続で激しい絶頂感を味わうことができます。

ドライオーガズムを感じられる性感帯まとめ

ドライオーガズムを感じられる性感帯まとめ

ドライオーガズムは前立腺、会陰(えいん)といった下半身の部位に加え、乳首、そして脳など体のさまざまな部位を刺激することで味わうことができます。


1. 前立腺

前立腺は膀胱のすぐ下に位置する器官で、男性にのみ備わっています。主な役割は、精液の原料のひとつである前立腺液を分泌することですが、同時に性感帯でもあります。

前立腺を刺激するためには、肛門(アナル)から指や専用の器具(エネマグラ)を挿入するのが一般的です。

肛門から深さ5cmあたりのお腹側の腸壁を押すと、コリコリした前立腺の触感があります。ここを優しく刺激することでじわじわと快感が生じ、最終的にはドライオーガズムを得ることができます。


2. 会陰(えいん)

会陰は、ペニスの付け根から肛門にかけての縫い目のようなラインを指します。蟻の通り道のような細いラインであることから、「蟻の門渡り」と呼ばれることもあります。

この部位を実際に指でなぞってみるとわかりますが、やや強めに刺激してみると、下半身の中心部にほのかな痺れのような快感が走ります。

会陰のみを刺激することで短期的にドライオーガズムを得るのは難しいですが、時間をかけて刺激することで前立腺マッサージと同じ効果を実感できる可能性があります。


3. 乳首

「乳首=性感帯」というのは広く知られていることであり、たとえばヘルスサービス付きのハイブリッドエステなどでは「乳首舐めと同時に手コキを行う」というプレイが提供されていたりします。

乳首の開発が進めば、乳首への刺激のみでウェットオーガズムに至ることもあるようです。

ただし、会陰と同じく、乳首のみでドライオーガズムを得るのは簡単ではありません。あくまでも「補助的に刺激する部位」として押さえておくと良いかと思います。


4. 脳

催眠オナニー用の音声素材などを使って、ドライオーガズムを目指すという方法があります。

女性が耳もとで巧みな淫語をささやく音声作品などを使い、自己催眠をかけて感度を高め、オーガズムを目指します。

ただし、こちらもただ音声を聞くだけでドライオーガズムに到達するのは難しく、「脳を催眠状態にしつつ前立腺を刺激することでより大きなドライオーガズムを味わう」というプレイだと考えると良いと思います。


5. その他

ドライオーガズムは、基本的に「1. 前立腺」を刺激することで得られるものです。

ほかの部位は、「前立腺と組み合わせることでより効果的にドライオーガズムを得られるものだ」と考えるのが妥当だと思います。

上記以外にも、耳や腋をはじめ体の至るところにある性感帯がドライオーガズムを効果的に得るために活用できそうです。

ドライオーガズムの特徴・メリット

ドライオーガズムの特徴・メリット

射精とは違う性的絶頂であるドライオーガズム。それには、どんな特徴があるのでしょうか。また、ドライオーガズムならではのメリットは何があるでしょうか。


射精より長く深い快感を得られる

射精の快感は、精液が放出される一瞬のこと。

具体的には、「ああそろそろ出そう」というところで快感メーターがぐんぐん上がり、射精の瞬間に最高潮を迎え、その後ちょっと余韻があって終了……。時間にすれば、せいぜい1分未満というところです。

一方、ドライオーガズムは射精よりもはるかに長く快感を得ることができます。前立腺による刺激では射精しないので、いわゆる「射精感」はありません。

しかし、それに似た突き抜けるような快感が訪れ、同時に下半身が満たされるような気持ちよさを感じることになります。いわば、射精の絶頂感が一瞬では終わらずいつまでも持続するようなものです。

また、下半身だけでなく、全身に深い快感が行き渡るのもドライオーガズムの特徴として挙げられます。軽く痙攣を伴う気持ちよさを味わうこともあるようで、女性のオーガズムにも似た快感が得られます。

一般に、女性は性行為によって男性の7~10倍の快感を得ているといわれますが、ドライオーガズムでは、まさしく普通の性行為では女性しか味わえない快感を得ることができるのです。


1回で何度も絶頂を味わえる

男性はいったん射精による絶頂を味わってしまうと、次の絶頂を得るためにはインターバルを必要とします。特に年齢が上がると、インターバルの時間も長くなってしまいがちです。

しかし、ドライオーガズムの場合には射精のような「2回目までのインターバル」を必要としません。

その気になれば、すぐに何度でも深い快感を得ることができます。いわゆる女性の「連続絶頂」みたいな状態を体験することができるわけです。


セックスの技術が向上する

肛門に指や専用の器具を挿入し、前立腺を刺激することで得られるドライオーガズム。スムーズに快感に達するためにはある程度、時間をかけて優しく刺激を与えていく必要があります。

ここで得られる技術は、女性との性行為の際にも応用できます。女性の性感帯も、優しく時間をかけて愛撫することによって快感を得る仕組みになっているからです。

前立腺の刺激によるドライオーガズムを習得することによって、結果的に「セックスがよりうまくなる」というメリットも得られるといえるでしょう。


「賢者タイム」がない

いったんウェットオーガズムを迎えて射精してしまうと、いわゆる「賢者タイム」が訪れます。

射精することで性欲が満たされると心身ともにリラックス状態に入ってしまうわけですが、人によっては「もっと楽しみたかった」という不満感とともに賢者タイムを迎えることがあるでしょう。

しかしドライオーガズムの場合、強烈な快感を味わえる一方で「射精したい」という本来の性欲は満たされていない状態なので、賢者タイムがありません。

インターバルを入れずに再び性行為へと没入していくことができます。


セックスの楽しみが広がる

ウェットオーガズムしか味わえないノーマルな性行為に比べて、ドライオーガズムやマルチプルオーガズムを取り入れた性行為は、楽しみが広がります。

前立腺をはじめさまざまな「新たな性感帯」を発見することにもつながり、セックスライフがより充実します。

ドライオーガズムのデメリット・注意点

ドライオーガズムのデメリット・注意点

以上のようにさまざまなメリットがあるドライオーガズムですが、一方でデメリットもいくつか考えられます。また、ドライオーガズムならではの注意点もあります。


ノーマルなセックスで満足できなくなる

ドライオーガズムは、ウェットオーガズムよりも長く深い快感を味わうことができます。また、開発が進めば連続で絶頂するマルチプルオーガズムも達成することができます。

そのような強烈な快感を味わってしまうと、ノーマルな性行為によるウェットオーガズムの快感に物足りなさを感じてしまう可能性があります。

パートナーがドライオーガズムに理解がない(前立腺を責めるのに抵抗があるなどの)場合、性行為自体を楽しめなくなってしまうことが考えられます。


依存性がある

ドライオーガズムにのめり込んでしまい、依存状態になってしまう可能性があります。

ドラッグのような禁断症状が現れるわけではありませんが、いったんドライオーガズムを味わってしまうと、「もっともっとイキたい」という欲求が芽生えて長時間にわたる前立腺オナニーをしてしまうことが考えられます。

長い時間にわたって前立腺を刺激し続けていると、肛門が傷ついてしまったり、拡張されてしまう可能性があるので注意する必要があります。


1回のオナニーが長くなる

前立腺を刺激するオナニーは、ペニスをしごくノーマルなオナニーに比べて時間と手間がかかります。

清潔なエネマグラを準備したり、肛門を洗浄したりする必要があり、さらにはいったんエネマグラを挿入したあとは10分程度時間を置いてから動かさなければならなかったり……。

「時間がない中でサッと気持ちよくなりたい」というときには不便だといえるでしょう。


初心者のうちはケガをする可能性がある

前立腺を刺激してドライオーガズムを得たい場合、すでに紹介したようにエネマグラという専用の器具や指を肛門に挿入する必要があります。

そんな中、初心者のうちは力加減が分からずにエネマグラや指を強く動かし過ぎて肛門を傷つけてしまう可能性があります。

それがきっかけで雑菌が繁殖して思わぬ病気につながったりする可能性もあるので、要注意です。


男性とのセックスに興味が出る

特に異性のパートナーがいる方が注意すべきポイントですが、エネマグラを使ったプレイをしているうちに、「挿入される」というシチュエーションに深い興味を持ち、最終的には「エネマグラではなくペニスを挿入されたい」という願望が生まれる可能性があります。

パートナーとの関係に亀裂が生じる可能性があるので、こちらも要注意です。

ドライオーガズムを味わうための方法

ドライオーガズムを味わうための方法

ドライオーガズムを味わうには前立腺を刺激することが必要であるわけですが、何を用意すればいいのでしょうか。また、どのような流れで行うものなのでしょうか。

以下にまとめてみました。


用意するもの

まずは、以下のものを用意しましょう。
・エネマグラ
・ローション
・指サックorゴム手袋


エネマグラは、肛門に挿入して前立腺を刺激する専用の道具です。ネットで購入することが可能で、Amazonなどの大手ショッピングサイトでも扱っています。

また、ローションや指サックは肛門をほぐす際に使用します。
肛門や直腸は傷つきやすいので、ローションですべりをよくしたうえで指サックを装着した指を挿入し、優しくほぐしていく必要があります。

>>アダルトグッズ「エネマグラ」の徹底解説記事はコチラ!


事前準備

エネマグラを使用して前立腺を刺激するには、肛門を洗浄し、ほぐすところから始める必要があります。

まずは、ウォシュレットなどで肛門と直腸を洗浄。そのうえで、上にも書いたように肛門にローションを垂らし、指サックを装着した指でほぐしていきます。

指の爪はしっかり切っておき、体を傷つけないように注意しましょう。


前立腺を刺激する方法

肛門がほぐれてきたら、いよいよエネマグラを挿入します。エネマグラは挿入する向きが決まっているので、注意しましょう。横向きに寝る体勢がいちばん楽なのでおすすめです。

挿入後は10分ほど待って、異物感が薄れたところでゆっくりと動かしていきます。

このとき、初めから手を使って動かすのではなく、まずは肛門括約筋(肛門を開閉する筋肉)を使って動かしてみるとよりナチュラルに快感を得られます。

肛門括約筋をヒクヒク動かすと、エネマグラが自然に動いて先端が上手い具合に前立腺を刺激します。徐々に快感が芽生え、大きくなっていくので、あとは身を任せましょう。


リラックスすることが大事

前立腺オナニーでスムーズにドライオーガズムを味わうにはリラックスすることが大切です。

特に初めてチャレンジする場合、心身が緊張しているとなかなか肛門がほぐれなかったり、スムーズに快感を得られなかったりすることがあります。

アダルトビデオを見たり、乳首などの性感帯を刺激したりして性的興奮を高め、不安から来る緊張感をやわらげるのがおすすめです。


前立腺オナニーの注意点

前立腺オナニーの際はペニスに触れるのは禁止です。

前立腺に慣れないうちはやはりペニスのほうが性的な快感を得やすいので、その分だけ気が散ってしまってドライオーガズムをスムーズに得られない場合があります。

また、長時間やり過ぎるのも避けたほうが良いでしょう。長時間エネマグラを挿入し続けていると、肛門が締まりにくくなってしまう可能性があります。


ドライオーガズムは風俗エステでも体験できる!

さて、以上のように、前立腺を刺激するオナニーによってドライオーガズムを自分で得ることができます。

しかし中には、
「興味はあるけど自分でやるのは不安」
「家族がいるのでエネマグラを買ったりするのは無理」

という方もいるでしょう。

そのような方は、「前立腺マッサージ」をメニューに含む風俗エステ店の利用をおすすめします。

癒しとエロスのサービスをこなすプロのセラピストが、肛門をほぐすところから始め、ドライオーガズムを得るまで優しくトリートメントしてくれます。

また、風俗エステ店ではリラクゼーション効果がある全身のアロママッサージからサービスがスタートするので、前立腺を刺激する前にしっかりリラックスできるのもポイントです。よりスムーズにドライオーガズムを得られるようになるでしょう。

>>風俗エステ「前立腺マッサージ」の内容・流れを徹底解説!

達人が語る!ドライオーガズムの魅力3選

達人が語る!ドライオーガズムの魅力3選

さて今回、エステの達人マガジンでは「ドライオーガズムの達人」にお話を聞くことができました。

今や、射精によるウェットオーガズムよりも、圧倒的にドライオーガズムでイク回数が多いという達人。そんな達人に、ドライオーガズムの魅力について聞いてみました。


ノーマルな射精では味わえない「圧倒的な快楽」

初めてマジのドライオーガズムを味わったときのことは、今でもよく覚えてるよ。

当時、付き合っていた女の子が風俗嬢でね。痴女プレイの専門店で働いていて、その道のプロだったんだ。

彼女は最初のうち、アナルを責められて喘いでいるオッサンを見るのが不快だったそうだけど、だんだんSに目覚めてきて、男が女の子みたいに喘いでるのを見るのが大好きになったみたいなんだ。

実際のところ、俺も初めてドライオーガズムでイッたときは、自然に女の子みたいな声が出ていたよ。

AVとかでよく見るじゃないか、ギュッと目を閉じて髪を振り乱し、ガクガク痙攣しながらイッてる女の子の姿。まさに、あれが自分の身に起こる感じだ。まさに圧倒的な快楽だよ。

イッてる間は頭が真っ白になる……全身に鳥肌が立つ感じで、壊れそうになって、「もうこれ以上やらないで!でもやめないで!」っていう矛盾した感情でいっぱいになる。

これはドライオーガズムならではの魅力だね。


女性の気分を味わえる

ケツにエネマグラをブチ込まれて喘いでいるとね、自分がオッサンであることを忘れる瞬間がある。

さっきも言ったが、アクメに狂ってるAV女優みたいなイキ方をするからね、まるで女になった気分なんだ。あのときの興奮は、普通のセックスじゃ味わえないものだね。

女性がイッてるのを見て、自分もあんな快感を味わってみたいなと思ってる人もいると思うが、そういう人にこそおすすめだと思うね。


セックスが圧倒的にウマくなる

さっきは「ケツにエネマグラをブチ込まれて」なんていう乱暴な表現を使ったが、実際には、エネマグラは優しくゆっくり挿入して動かすのが基本だ。これは女性とのセックスでも使えるポイントだと思う。

たとえば手マンするときに激しくかき回すと快感が大きくなる……なんてのはAVの演出に過ぎなくてね、もちろん激しくやることで心理的に快感が増すことはあるかもしれないが、基本的には優しく愛撫してあげることがセックスのコツなんだ。

エネマグラを使ってドライオーガズムを味わっていると、そのことが身をもってよくわかる。

だから、女性とセックスするときも自然に手つきが優しくなる。要するにセックスが上手くなるわけだ。

男性に聞いた!ドライオーガズム体験談

男性に聞いた!ドライオーガズム体験談

Rさん「前立腺オナニーにハマってます」

オナニーといえばペニスをしごくのが一般的だと思いますが、僕はオナニーのときにペニスをほとんど触りません。

もうエネマグラを使った前立腺オナニー一択です。ドライオーガズムがあまりにも気持ちよくて、すっかりハマっちゃったんですよね。

最初のうちは慣れなくて、お尻をほぐすのも一苦労だったのですが、慣れてくれば簡単です。

今では、エネマグラを見ただけでお尻がうずく感じがありますね。女性が欲情するときに「下半身が火照る」というのはこんな感覚かと思っています(笑)


Wさん「プロにやってもらうのがおすすめ!」

自分は不器用だし、エネマグラを使って前立腺をいじるのには不安がありました。友達にドライオーガズムにハマってるやつがいて、興味はあったんですけどね。

結局、自分は前立腺マッサージをやってくれる風俗エステのお店を利用しています。風俗エステなら、前立腺の扱いに慣れたプロの女性がいるから安心です。

それに自分はちょっとMっぽいので、女性に言葉責めとかされながら前立腺をいじられると、より深いドライオーガズムが得られる感じがするんです。

「安心してドライオーガズムを体験したい」「女性に責められるのが好き」という人には、風俗エステをおすすめしたいですね!

まとめ

いかがでしょうか。
今回は、ドライオーガズムについてまとめてみました。

・ドライオーガズムは射精よりも長く深い快感が得られる
・専用器具エネマグラを使うことで、自分で体験できる
・風俗エステ店でプロのセラピストにやってもらうこともできる


というのが、今回のポイントです。

ちなみにエステの達人では、ドライオーガズムを味わえる「前立腺マッサージ」をメニューに含んでいる風俗エステ店の情報を多数掲載しています。

興味がある方は、ぜひチェックしていただきたいと思います。

>>前立腺マッサージを体感できる風俗エステを検索する

この記事をシェアする
関連キーワード

お役立ち情報に関連する記事

お役立ち情報の人気記事ランキング

カテゴリ

人気記事ランキング

キーワード

都道府県からお店を探す

業種からお店を探す

こだわり条件からお店を探す

©2021 エステの達人 All Rights Reserved.