お役立ち情報

公開日2021/09/14(火)

読了時間約 4分 40秒

「賢者タイム」って何?カップルで押さえておきたい基礎知識

「賢者タイム」って何?カップルで押さえておきたい基礎知識

今回は、カップル向けにお送りします。テーマは、男性なら誰しも覚えがあるであろう「賢者タイム」です。

賢者タイムとはそもそも何なのか?
どういう仕組みで起こるものなのか?
賢者タイムをなくす、あるいは短縮するためにはどうすればいいのか?
賢者タイム中、女子は何をすべきなのか?

などなど、賢者タイムの気になるポイントをまとめてみました。ぜひカップルでチェックしていただければと思います。

この記事の目次[閉じる]

そもそも「賢者タイム」とは?

そもそも「賢者タイム」とは?

「今日は彼女とエッチする!3回はやってやるぜ!」
などと意気込んだものの、1回射精してしまうと何だか性欲がすっかり消えてしまった感じになり、ボーッとしてしまう……その時間を、俗に「賢者タイム」と呼びます。

時間の長さは個々人で異なりますが、
・賢者タイムの間は体を動かすのも億劫になる
・性的なことに関する軽い嫌悪感すら覚えてしまう

といったことが起こります。

たとえば、女性が満ち足りた気分で身を寄せてきても、彼女のことを愛しいと思えずに突き放したい気持ちになってしまう……男性なら誰しも覚えがあるのではないでしょうか。

この現象、実は医学的・心理学的に研究が行われているもので、「性交後憂鬱」や「不応期」といった名称で呼ばれます。

まさしく、性行為後に気分が憂鬱になってしまったり、女性に応じることができなくなってしまったりする状況を的確に言い表した用語といえるでしょう。

「賢者タイム」に男が感じていることとは?

「賢者タイム」に男が感じていることとは?

すでに紹介したように、賢者タイム中、男性の心を占めているのは憂鬱感であり、女性への嫌悪感に似た気持ちです。

「何だかすべてが面倒に感じる」
「彼女が話しかけてきたり抱き着いてきたりするのが苦痛」
「早く自分の部屋に帰りたい」


など、人それぞれさまざまなネガティブな感情を持つことになります。共通しているのは、性行為を忌避してしまう気持ちです。

たとえば、女性側が1回目のセックスではなかなか満足できず、「もっとして欲しい」「もう1回して欲しい」と持ち掛けてきたとしましょう。

普段は彼女に対する確かな愛情を持っていても、そのときばかりは「彼女が寄ってくるのが不快でしょうがない」「セックスなんかしばらくはしなくてもいい」といった気持ちになっています。

性行為直後の賢者タイムは男性特有の状態なので、女性からすると「何でそんなに冷たくなるの?私のことが嫌になったの?」と思われるかもしれません。

しかしこれは本能的な現象であり、彼の愛情の大きさとは関係ありません。

「賢者タイム」はなぜ起きる?

「賢者タイム」はなぜ起きる?

・性行為後に憂鬱感に襲われる
・性行為に対する嫌悪感や忌避感が強くなる

というのが賢者タイムの特徴ですが、なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか?

その理由は体内で分泌されるホルモンにあるというのが有力な説です。


賢者タイムを引き起こす「プロラクチン」

体内では心身の調子を整えるためのさまざまなホルモンが分泌されていますが、性行為の際にはプロラクチンというホルモンが大量に分泌されています。徐々に分泌量が増え、射精のタイミングで最も多くなります。

プロラクチンは、もともとは女性の体内で多く分泌されるホルモンで、母乳の生成をサポートしています。

このホルモンが分泌されると、女性の体内では母乳の生成のメカニズムが働き始め、心理的には母性が強くなります。パートナーの男性よりも生まれてくる子供のことを第一に考えるようになり、男性に対しては嫌悪感や忌避感が生まれます。

女性が出産後、性行為の求めに応じなくなってセックスレスになってしまう……という話はよく聞くことですが、これはプロラクチンが原因であるといわれています。

男性の場合、射精後の数十分間、プロラクチンが大量に分泌された状態になっています。

母乳は生成されませんが、男性、つまり自分自身に対する嫌悪感が芽生え、これが性行為の忌避につながってしまうとされています。


賢者タイムは野生の本能?

「何でこんな厄介な機能が備わっているの?」と疑問に思う方もいるかと思いますが、これは人間が文明を持たない野生動物であった頃には身を守るために必要だったのだとする説があります。

野生の世界では、いつ敵に襲われるか分かりません。
たとえば性行為後、オスとメスがずっとお互いに夢中でイチャイチャしていると、その隙をついて天敵に襲われる可能性があります。
そこで役立つのが、賢者タイムです。

性行為後、パートナーとイチャイチャしていたいという気持ちをシャットアウトし、落ち着かせることで、周囲を警戒する行動にスムーズに移ることができます。

このように、賢者タイムは野生の世界で命を守るために必要な機能だったと考えられています。

「賢者タイム」をなくすことは可能?

「賢者タイム」をなくすことは可能?

・賢者タイムは、ホルモンの分泌によって起こる
・人間が野生の頃から身につけている本能的な機能である

ということがいえるわけですが、いきなり天敵に襲われることなどはない現在、賢者タイムは不要です。

では、賢者タイムをなくすことはできるのでしょうか?

結論からいえば、賢者タイムはなくす、あるいは時間を短縮することが可能です。方法としては、「男性ホルモンを増やす」「医薬品を使用する」といったことが挙げられます。


男性ホルモンを増やす

賢者タイムは、プロラクチンの分泌量が減少すればなくなります。これには、男性ホルモンのテストステロンの分泌量を増やすのが有効です。

テストステロンは快楽物質であるドーパミンやノルアドレナリンの分泌量を増やす性質があり、これによってプロラクチンの働きを抑制し、性行為後の憂鬱感や嫌悪感を減少させることができます。

テストステロンを増やすには、
・食事のメニューを工夫する
・日ごろから運動を心がける

というのが有効です。

食事に関しては、肉類や大豆、チーズなどと一緒にニンニクやニラ、タマネギなどをたくさん摂取するようにするのがおすすめ。ニンニクやニラ、タマネギなどはタンパク質と一緒に摂取することでテストステロンを増強する作用があります。

また運動を行って筋肉を動かすことで、テストステロンを増やすことができます。


医薬品でも解消できる

賢者タイムを引き起こす原因となっているプロラクチンの分泌を、医薬品の力を使って抑えることができます。

パーキンソン病の治療薬として使われている「カベルゴリン」という医薬品は、まさしくプロラクチンの分泌を抑える効果を持っています。

これを服用することで、プロラクチンが分泌しないようにすれば、憂鬱感や嫌悪感に陥ることなく、すぐさま2回戦へと入ることができるでしょう。

とはいえ、カベルゴリンは誰もが手軽に入手できる薬ではありません。また、強い効果を持つと同時に、カベルゴリンにはさまざまな副作用があらわれます。

入手が困難であり、副作用のリスクもある医薬品を使用するよりは、やはり普段から男性ホルモンをたくさん分泌できるように気をつけておくほうがおすすめであるといえます。

賢者タイムの時に女子が心がけておくべきこと

賢者タイムの時に女子が心がけておくべきこと

ところで、「私は彼が賢者タイムの間、何をすればいいの?」という女性もいるかと思います。そんな女性にひとつだけいえることがあるとすれば、「しばらくは放っておきましょう」ということです。

賢者タイム中の男性は、憂鬱感を抱えており、性行為に対する嫌悪感を持っています。「話しかけたりくっついてきたりしないでほしい」「できればひとりになりたい」などと思っています。

・しばらくは話しかけない
・直後は一緒に行動しない
・2回戦のお誘いをしたい場合はインターバルを置く


といったことが挙げられます。

まとめ

いかがでしょうか。
今回は、男性ならではの「賢者タイム」についてまとめてみました。

・賢者タイム中、男性は憂鬱感や性行為に対する嫌悪感を持っている
・賢者タイムは体内で分泌されるプロラクチンによって引き起こされる
・賢者タイムをなくすには男性ホルモンの分泌量を増やすのが有効である
・賢者タイム中、女性は男性をしばらく放っておくべきである


というのが、特に押さえておきたいポイントです。

正しい知識を身につけてセックスライフを向上させるために、ぜひ参考にしていただければと思います!

>>合わせて読みたい!「朝オナニー」が健康に良いってホント?

この記事をシェアする
関連キーワード

お役立ち情報に関連する記事

お役立ち情報の人気記事ランキング

カテゴリ

人気記事ランキング

キーワード

都道府県からお店を探す

業種からお店を探す

こだわり条件からお店を探す

©2021 エステの達人 All Rights Reserved.